重要文化財
蓬莱切  藤原行成筆
ほうらいぎれ でん ふじわらのゆきなりひつ
蓬莱切 伝 藤原行成筆
紙本墨書/一幅
平安時代中期・11世紀
縦26.1cm 横16.4cm
五島美術館蔵
もとは『拾遺和歌集』賀歌4首と『後撰和歌集』賀歌1首の計5首を一巻に書写した巻物。本品はその巻頭(『拾遺和歌集』巻第五「賀歌」)。江戸時代には、「五首一紙」と呼ばれた。雲紙に雲母砂子を撒く。昭和9年(1934)、5枚に分割する際に、伝来した肥前の松浦家の庭園である「蓬莱園」の名から命名した。「高野切第三種」の明快な書風。