井戸茶碗 銘 美濃
重要美術品
井戸茶碗  美濃
いどちゃわん めい みの
陶器/一口 朝鮮(李朝)時代・16世紀
高8.8cm 口径15.3cm 底径4.5cm 重387.8g 五島美術館蔵
井戸茶碗とは、朝鮮時代に朝鮮半島で焼かれ、日本の茶の湯で用いられた高麗茶碗の一種。井戸の名称については、諸説あるが不明。本品は、井戸茶碗の中でも十指に数える名碗。竹節高台(竹の節の上下わずかのところを切り取ったような形の高台)が鋭く削り出され、高台近くにあらわれる梅花皮(かいらぎ 釉薬のちぢれ)も鮮やか。一部青みを帯びた枇杷色の釉薬が掛かり、形姿は端正である。銘の由来は、かつての所有者が美濃守だったからであろうか。姫路藩主酒井宗雅(1755〜90)、雲州の松江藩主松平不昧(1751〜1818)が所持した伝来をもつ。