コレクション

国宝 紫式部日記絵巻

国宝 紫式部日記絵巻

『紫式部日記』は、『源氏物語』の著者紫式部(生歿年未詳)が、平安時代、寛弘5年(1008)7月から同7年(1010)正月までの約1年半の間に書き遺した日記。 藤原道長の娘であり一条天皇の中宮であった彰子に仕えた紫式部が、彰子の二度の皇子出産とその祝賀の華やかな様子を中心に、 当時の権力者道長をめぐる様々な平安貴族の様子を生きいきと描き出した日記文学の傑作である。 「紫式部日記絵巻」は、それを約250年後の鎌倉時代前期に絵巻にした作品。もとは全十巻程度の巻物であった。江戸時代以前の伝来は不明。 現在はその約4分の1にあたる四巻分が伝わり、五島美術館のほか、大阪・藤田美術館、東京国立博物館、個人コレクターが所蔵する。 詞書の筆者を鎌倉時代の能書家後京極良経(1169−1206)、絵の筆者を鎌倉時代の絵師藤原信実(?−1233 −1266−?)と伝えるが、詳細は不明。 五島美術館が所蔵する三段分は、大正9年(1920)に名古屋の森川勘一郎(1887−1980)が発見した巻子本(全五段)の内の第一・二・四段目にあたる。 昭和7年(1932)、益田鈍翁(1847−1938)が購入する際に第五段目を切断、森川家に残し(現在、個人蔵)、さらに翌年、鈍翁は第三段目を切り離し掛軸に改装(現在、東京国立博物館蔵)、 残りの三段分はその翌年額装となり、戦後、高梨家を経て五島美術館が所蔵することとなった(五島美術館所蔵「国宝 紫式部日記絵巻」は、毎年秋に1週間程度展示の予定)。

■五島本第一段

 
五島本第一段 絵 五島本第一段 詞書
詞書

■五島本第二段

 
五島本第二段 絵 五島本第二段 詞書
詞書

■五島本第三段

 
五島本第三段 絵 五島本第三段 詞書
詞書