展覧会

次回の展覧会

[館蔵]春の優品展 歌仙と歌枕 2017年4月1日[土]―5月7日[日]
期間 2017年4月1日[土]―5月7日[日]
休館日 毎月曜日
開館時間 午前10時―午後5時(入館は午後4時30分まで)
入館料 一般1000円/高・大学生700円/中学生以下無料
イベント ■ ギャラリートーク

「和歌の書」4月6日[木]
「歌仙と歌枕」4月21日[金]
「源氏物語絵巻について」
 4月29日[土・祝]、5月2日[火]、5月7日[日]
各日午後2時―3時頃(開場・受付は午後1時30分)
五島美術館別館講堂 当日入館者聴講無料 椅子席100名先着順

■ こども美術講座

「和歌とかな文字」4月16日[日]
「王朝絵巻の世界」5月5日[金・祝]
各日午後2時―3時頃(開場・受付は午後1時30分)
五島美術館集会室 小・中学生対象・聴講無料 椅子席15名先着順

主な展示予定品(都合により予告なく一部展示替をすることがあります)
重要文化財 大手鑑「筆陣毫戦」 奈良〜江戸時代・8〜17世紀
藍紙本万葉集切 藤原伊房筆 平安時代後期・11世紀
重要文化財 高野切(第一種) 伝 紀貫之筆 平安時代中期・11世紀
内裏切 伝 藤原清輔筆 平安時代後期・12世紀
昭和切 藤原俊成筆 平安時代後期・12世紀
本阿弥切 伝 小野道風筆 平安時代・11〜12世紀
通切 伝 藤原佐理筆 平安時代後期・12世紀
下絵古今集切 伝 藤原定頼筆 平安時代後期・12世紀
筋切 伝 藤原佐理筆 平安時代後期・12世紀
筑後切 伏見天皇筆 鎌倉時代・永仁二年(1294)
関戸本和漢朗詠集切 伝 藤原行成筆 平安時代中期・11世紀
下絵和漢朗詠集切 伝 藤原公任筆 平安時代・11〜12世紀
香紙切 伝 小大君筆 平安時代中期・11世紀
升色紙 伝 藤原行成筆 平安時代中期・11世紀
重要美術品 千載和歌集上 伝 慶運法師筆 南北朝時代・14世紀
百人一首色紙 烏丸光広筆 江戸時代前期・17世紀
奥儀抄 室町時代・寛正三年(1462)
謡本 元和卯月本 江戸時代・元和六年(1620)
伊勢物語 室町時代末期・16世紀
伊勢物語 覆嵯峨本 江戸時代前期・17世紀
業平東下り図(伊勢物語富士山図) 伝 俵屋宗達筆 江戸時代前期・17世紀
紅葉流水図(竜田川図) 尾形光琳筆 江戸時代中期・18世紀
十二ヶ月帖 冷泉為恭筆 江戸時代後期・19世紀
衣川合戦 小山栄達筆 昭和時代・20世紀
吉野春暁図・龍田秋色図 野村文挙筆 昭和時代・20世紀
霊峰の夏 横山大観筆 昭和21年(1946)頃
白糸の瀧 川端龍子筆 昭和32年(1957)
吉野山蒔絵香盆 江戸時代後期・19世紀
黄瀬戸一重口香炉 銘 落葉 桃山時代・16世紀
二見浦蒔絵文台 江戸時代後期・19世紀
光琳蒔絵佐野渡硯箱 江戸時代・18〜19世紀
唐物肩衝茶入 銘 安国寺 南宋時代・13世紀
小堀遠州作茶杓(共筒) 銘 清見関 江戸時代前期・17世紀
小堀遠州作茶杓(共筒) 銘 玉川 江戸時代前期・17世紀
重要文化財 公忠朝臣集 藤原定家筆 鎌倉時代前期・13世紀
人丸集  鎌倉時代・弘安四年(1281)
重要文化財 佐竹本三十六歌仙絵 清原元輔像 鎌倉時代前期・13世紀
重要文化財 上畳本三十六歌仙絵 紀貫之像 鎌倉時代前期・13世紀
歌仙絵 壬生忠峯像 鎌倉時代後期・13世紀
時代不同歌合絵 伊勢・後京極良経像 鎌倉時代後期・13〜14世紀
時代不同歌合絵 藤原兼輔・藤原俊忠像 鎌倉時代後期・13〜14世紀
重要美術品 為家本三十六歌仙絵 大中臣能宣像 鎌倉時代後期・14世紀
一歌仙一首本歌仙絵 源俊頼像 鎌倉時代後期・14世紀
業兼本三十六歌仙絵 猿丸大夫像 鎌倉時代後期・14世紀
後鳥羽院本三十六歌仙絵 平兼盛像 鎌倉時代後期・14世紀
後鳥羽院本三十六歌仙絵 平仲文像 鎌倉時代後期・14世紀
集外歌仙 江戸時代・17〜18世紀
鎌倉右大臣 安田靫彦筆 昭和時代・20世紀
特別展示

国宝「源氏物語絵巻」
4月29日―5月7日 展示予定