展覧会

次回の展覧会

[平安書道研究会800回記念特別展]平安古筆の名品―飯島春敬の観た珠玉の作品から2016年10月22日[土]―12月4日[日]
期間 2016年10月22日[土]―12月4日[日]
休館日 毎月曜日
開館時間 午前10時―午後5時(入館は午後4時30分まで)
入館料 一般1200円/高・大学生900円/中学生以下無料
イベント ■ 講演会

「飯島春敬の眼とは」 名児耶明(五島美術館副館長) 10月23日[日] 「源氏物語と仮名」 池田和臣氏(中央大学教授) 11月3日[木・祝]  「仮名の成立とその美」 名児耶明(五島美術館副館長) 11月20日[日] 各日午後2時より(開場・受付は午後1時)
五島美術館別館講堂 当日入館者聴講無料 椅子席100名先着順
午後1時より聴講整理券を発行します(人数により入場を制限する場合があります)

■ ギャラリートーク

「仮名の名品の条件」 10月27日[木]、11月18日[金]
各日午後2時―3時頃(開場・受付は午後1時30分)
五島美術館別館講堂 当日入館者聴講無料 椅子席100名先着順

■ こども美術講座

「かなの誕生」11月23日[水・祝]
午後2時―3時頃(開場・受付は午後1時30分)
五島美術館集会室 小・中学生対象・聴講無料 椅子席15名先着順

主な展示予定品(都合により予告なく一部展示替をすることがあります)
綾地歌切  伝藤原佐理筆 平安時代・10世紀
重要文化財 継色紙  伝小野道風筆 五島美術館蔵/平安時代・10世紀
古今集切(未詳歌集断簡) 伝藤原行成筆 平安時代・10世紀
重要文化財 仮名書状 伝藤原行成筆 平安時代・11世紀
関戸本古今集切 伝藤原行成筆 平安時代・11世紀
重要文化財 高野切(第一種) 伝紀貫之筆 五島美術館蔵/平安時代・11世紀
高野切(第二・三種) 伝紀貫之筆 平安時代・11世紀
大字和漢朗詠集切 伝藤原行成筆 平安時代・11世紀
升色紙 伝藤原行成筆 五島美術館蔵/平安時代・11世紀
桂本万葉集断簡(栂尾切) 伝源順筆 平安時代・11世紀
関戸本和漢朗詠集切 伝藤原行成筆 平安時代・11世紀
名家家集切(兼輔集) 伝紀貫之筆 平安時代・11世紀
十巻本歌合切 伝宗尊親王筆 平安時代・11世紀
如意宝集切 伝宗尊親王筆 平安時代・11世紀
亀山切 伝藤原行成筆 平安時代・11世紀
催馬楽切 伝宗尊親王筆 平安時代・11世紀
重要文化財 寸松庵色紙 伝紀貫之筆 五島美術館蔵/平安時代・11世紀
小島切 伝小野道風筆 平安時代・11世紀
荒木切 伝藤原公任筆 平安時代・11世紀
元暦校本万葉集切(有栖川切)  平安時代・11世紀
針切 伝藤原行成筆 平安時代・11世紀
藍紙本万葉集切 伝藤原公任筆  平安時代・11世紀
久海切 伝紫式部筆 平安時代・11-12世紀
太田切 伝藤原公任筆 平安時代・11-12世紀
本阿弥切 伝小野道風筆 平安時代・11-12世紀
惟成弁集切 伝坊門局筆 平安時代・11-12世紀
筋切 伝藤原佐理筆 平安時代・12世紀
巻子本古今集切 伝源俊頼筆 平安時代・12世紀
唐紙朗詠集切 伝藤原公任筆 平安時代・12世紀
銀切箔唐紙切(金玉集切) 伝源俊頼筆 平安時代・12世紀
久松切 伝藤原行成筆 平安時代・12世紀
柏木切(二十巻本歌合) 伝藤原忠家筆 平安時代・12世紀
二条切(二十巻本歌合) 伝藤原俊忠筆 平安時代・12世紀
石山切(貫之集下・伊勢集) 平安時代・12世紀
兼輔集切 伝藤原公任筆 平安時代・12世紀
中務集切 伝藤原公任筆 平安時代・12世紀
多賀切 藤原基俊筆 平安時代・12世紀
烏丸切 伝藤原定頼筆 平安時代・12世紀
下絵歌集切(拾遺抄) 伝藤原定頼筆 平安時代・12世紀
松籟切 伝藤原行成筆 平安時代・12世紀
天治本万葉集切(仁和寺切) 伝藤原忠家筆 平安時代・12世紀
源氏物語絵巻詞書断簡 松風 平安時代・12世紀
今城切 伝飛鳥井雅経筆 平安時代・12世紀
大色紙 伝寂蓮筆 平安時代・12世紀
未詳歌集切 伝西行筆 平安時代・12世紀
五首切 伝西行筆筆 平安時代・12世紀
曾丹集切(枡形本)  伝西行筆 平安時代・12世紀
橘為仲集切 伝西行筆 平安時代・12世紀
小色紙 伝西行筆 平安-鎌倉時代・12世紀
白河切 伝西行筆 平安-鎌倉時代・12世紀