展覧会

平成30年度年間スケジュール
[館蔵]春の優品展 ―詩歌と物語のかたち―2018年3月31日[土]―5月6日[日]

館蔵品の中から、物語や詩歌を題材とした書画の名品約50点を選び展示(会期中一部展示替あり)。『古今和歌集』をはじめとする名歌を書した平安時代の古筆、歌人の代表歌と姿を描いた歌仙絵のほか、物語絵、琳派作品など、絵画と書そして言葉がもつイメージが響きあう美の世界を展観します。
特別展示予定=国宝「源氏物語絵巻」4月28日[土]―5月6日[日]

升色紙 伝 藤原行成筆
升色紙
伝 藤原行成筆
重要文化財 上畳本三十六歌仙絵 紀貫之像
重要文化財
上畳本三十六歌仙絵 紀貫之像
業平東下り図  伝 俵屋宗達筆
業平東下り図
伝 俵屋宗達筆
色紙帖(新古今和歌集) 本阿弥光悦筆 伝 俵屋宗達下絵
色紙帖(新古今和歌集)
本阿弥光悦筆 伝 俵屋宗達下絵
[館蔵]近代の日本画展 2018年5月12日[土]―6月17日[日]

館蔵の近代日本画コレクションから、「風景表現」を中心に、橋本雅邦、小川芋銭、横山大観、川合玉堂、冨田溪仙、小林古径、橋本関雪、安田靫彦、川端龍子など、明治から昭和にかけての近代日本を代表する画家の作品約40点を選び展観。特集展示として館蔵の漆芸作品約20点も同時公開。

秋山秋水図 橋本雅邦筆
秋山秋水図
橋本雅邦筆
東海の浜 横山大観筆
東海の浜
横山大観筆
春峡 川合玉堂筆
春峡
川合玉堂筆
梅さける村 小茂田青樹筆
梅さける村
小茂田青樹筆
[館蔵]文房具の至宝展 ―机上の小宇宙― 2018年6月23日[土]―7月29日[日]

現代書の巨匠・宇野雪村氏(うのせっそん 1912〜95)旧蔵のコレクションより、筆や墨、硯、紙、石印材など日本・中国の文房具約100点を展観(会期中一部展示替あり)。いにしえの文人達が机上で愛でた、小さいながらも存在感と雅趣溢れる世界を紹介します。特集展示として館蔵の宇野雪村の書作品約10点も同時公開。

重要文化財  紫紙金字華厳経 巻第六十四
花文七宝筆管
重要文化財  寸松庵色紙 伝 紀貫之筆
七香図墨 方于魯作
重要文化財  久能寺経  法華経法師功徳品 巻第十九
端渓老坑水巖琴硯
石山切(伊勢集)
印材 田黄(林鹿原銘)
館内整備のため休館=2018年7月30日[月]―8月24日[金]
[館蔵]秋の優品展 ―禅宗の美術と学芸― 2018年8月25日[土]―10月14日[日]

禅宗寺院を中心に発達した書画や高僧の墨跡、五山版の出版などは中世の文化に大きな影響を与え、日本人の美意識をも深化させました。館蔵品の中から鎌倉・室町時代の禅宗美術の諸相を紹介します(会期中一部展示替あり)。特集展示として館蔵の日本陶磁約15点も同時公開。
特別展示予定=国宝「紫式部日記絵巻」10月6日[土]―10月14日[日]

虎関師錬墨跡 「松関」二大字
虎関師錬墨跡
「松関」二大字
花伝書ぬきがき条々
花伝書ぬきがき条々
布袋図 愚中周及筆 見心来復賛
布袋図
愚中周及筆 見心来復賛
鴨図 伝 徽宗皇帝筆
鴨図
伝 徽宗皇帝筆
[特別展]逸翁と古経楼―小林一三と五島慶太の美品三昧― 2018年10月20日[土]―12月9日[日]

阪急電鉄の創始者小林一三(こばやしいちぞう/雅号「逸翁」 1873〜1957)は、鉄道・百貨店・宝塚歌劇と現在に続く事業を、関西圏を中心に拡げてきました。そして、逸翁の勧めで鉄道経営に携わり、首都圏で東急グループの基礎を築いた五島慶太(ごとうけいた/雅号「古経楼」 1882〜1959)。逸翁美術館(大阪府池田市)と五島美術館の収蔵品から、絵画・書跡・茶道具など自らが選び蒐集し二人の心の安らぎとなった美術品の数々約100点を紹介します(会期中一部展示替あり)。

重要文化財 継色紙 伝 小野道風筆(逸翁美術館蔵)
重要文化財 継色紙
伝 小野道風筆(逸翁美術館蔵)
重要文化財 花鳥蒔絵螺鈿洋櫃(逸翁美術館蔵)
重要文化財
花鳥蒔絵螺鈿洋櫃(逸翁美術館蔵)
降雪狗児図 長沢芦雪筆(逸翁美術館蔵)
降雪狗児図
長沢芦雪筆(逸翁美術館蔵)
五彩蓮華文呼継茶碗 逸翁銘「家光公」(逸翁美術館蔵)
五彩蓮華文呼継茶碗
逸翁銘「家光公」(逸翁美術館蔵)
[館蔵]茶道具取合せ展 2018年12月15日[土]―2019年2月17日[日]

展示室に当館茶室「古経楼」「松寿庵」「冨士見亭」の床の間原寸模型をしつらえ、館蔵の茶道具コレクションから約70点を選び展示(会期中一部展示替あり)。懐石道具・炭道具のほか、『大正名器鑑』所載の名物茶道具を中心に道具の取合せを展観します。特集展示として朝鮮半島の陶芸・高麗茶碗約15点も同時公開。

光悦黒楽茶碗 銘 七里
光悦黒楽茶碗
銘 七里
瀬戸瓢形茶入 銘 春慶瓢箪
瀬戸瓢形茶入
銘 春慶瓢箪
唐物茄子茶入 銘 宗伍茄子
唐物茄子茶入
銘 宗伍茄子
井戸茶碗 銘 九重
井戸茶碗
銘 九重
[館蔵]中国の陶芸展 2018年2月24日[土]―3月25日[日]

漢時代から明・清時代にわたる館蔵の中国陶磁器コレクション約60点を展観。戦国時代の計量道具から、唐三彩の壺、宋時代の砧青磁、明時代の青花・五彩まで、時代順に展示し、2000年にわたる中国のやきものの歴史を展望します。特集展示として館蔵の日本刀剣約10振も同時公開。

重要美術品 白釉黒花牡丹文梅瓶
重要美術品
白釉黒花牡丹文梅瓶
重要文化財 青磁鳳凰耳瓶(砧青磁)
重要文化財
青磁鳳凰耳瓶(砧青磁)
三彩楼閣人物文大壺(法花)
三彩楼閣人物文大壺(法花)
重要文化財 五彩透彫水注(金襴手)
重要文化財
五彩透彫水注(金襴手)
◆この計画は2018年1月に作成した予定(含仮称)です。種々の都合により変更する場合があります。
◆展覧会と展覧会の間は展示替休館となります。
◆開館時間=午前10時―午後5時(入館受付は午後4時30分まで)
◆お問い合わせ(展覧会のご案内)=ハローダイヤル03-5777-8600
◆交通=東急大井町線「上野毛駅」下車徒歩5分
◆公益財団法人 五島美術館
〒158-8510 東京都世田谷区上野毛3-9-25 TEL03-3703-0661(テープ案内)