展覧会

平成25年度年間スケジュール
[館蔵]春の優品展 ―恋歌の筆のあと― 2016年4月2日[土]―5月8日[日]

和歌は文学の世界にとどまらず、日本文化の基調をなすほどに、あらゆる分野に影響を及ぼしています。本展では、館蔵品の中から「恋歌」を筆写した平安時代の古筆など書跡を中心に、歌仙や歌物語を描く絵画など名品約60点を選び展観します(会期中一部展示替あり)。
特別展示予定=国宝「源氏物語絵巻」4月29日[金]―5月8日[日]

筋切 伝 藤原佐理筆
筋切
伝 藤原佐理筆
小倉色紙 伝 藤原定家筆
小倉色紙
伝 藤原定家筆
歌仙絵 壬生忠峯像
歌仙絵
壬生忠峯像
色紙帖「椿に雪図」本阿弥光悦筆 伝 俵屋宗達下絵
色紙帖「椿に雪図」
本阿弥光悦筆
伝 俵屋宗達下絵
[館蔵]近代の日本画展 2016年5月14日[土]―6月19日[日]

館蔵の近代日本画コレクションから、「人物表現」を中心に、横山大観、下村観山、川合玉堂、上村松園、鏑木清方、松岡映丘、安田靫彦、前田青邨など、明治から昭和にかけての近代日本を代表する画家の作品約40点を選び展観します。宇野雪村コレクションの文房具も同時公開。

達磨 横山大観筆
達磨
横山大観筆
臨済 下村観山筆
臨済
下村観山筆
焚火 川合玉堂筆
焚火
川合玉堂筆
上臈の図 上村松園筆
上臈の図
上村松園筆
[館蔵]夏の優品展 ―動物襲来― 2016年6月25日[土]―7月31日[日]

館蔵品の中から、絵画や工芸に表された様々な動物の姿を一堂に紹介。愛らしい鳥たちや小動物、ほのぼのとした牛・馬、水辺の生き物など、動物たちの造形は豊穣や栄達、そして吉祥などを願う象徴でもありました。古代から近代までの名品約70点を展観します(会期中一部展示替あり)。

水禽埴輪
水禽埴輪
重要文化財 梅花小禽図 伝 馬麟筆
重要文化財
梅花小禽図 伝 馬麟筆
重要文化財 駿牛図断簡
重要文化財
駿牛図断簡
青磁猿型小壺(水滴)
青磁猿型小壺(水滴)
館内整備のため休館 2016年8月1日[月]―8月26日[金]
[館蔵]秋の優品展 ―心の旅― 2016年8月27日[土]―10月16日[日]

館蔵品の中から、旅をテーマに絵画や古筆・墨跡などの名品約40点を紹介(会期中一部展示替あり)。旅を題材にした和歌、師から弟子へ旅立の詩、江戸時代の旅絵日記など、美術館での小さな「心の旅」をお楽しみください。館蔵の日本陶磁も同時公開。
特別展示予定=国宝「紫式部日記絵巻」10月8日[土]―10月16日[日]

重要文化財 熊野懐紙 後鳥羽天皇筆
重要文化財
熊野懐紙 後鳥羽天皇筆
探幽旅絵日記 狩野探幽自筆(部分)
探幽旅絵日記
狩野探幽自筆(部分)
国宝 古林清茂墨跡 餞別偈
国宝
古林清茂墨跡 餞別偈
光琳蒔絵佐野渡硯箱
光琳蒔絵佐野渡硯箱
[平安書道研究会800回記念特別展]平安古筆の名品 ―飯島春敬の観た珠玉の作品から―

書家であり、日本書道の研究者であった飯島春敬氏(いいじましゅんけい 1906〜96)が蒐集し「春敬記念書道文庫」に収めたコレクションの仮名作品を中心に撰んで展示。900年頃に統一成立された仮名文字は、わが国独自の文字として、日本人の美意識を象徴しています。約90点の仮名の名品で平安時代の仮名の美、日本の美の真髄を展望します(会期中一部展示替あり)。

関戸本古今集切 伝 藤原行成筆(春敬記念書道文庫蔵)
関戸本古今集切 伝 藤原行成筆
(春敬記念書道文庫蔵)
古今集切 伝 藤原行成筆(春敬記念書道文庫蔵)
古今集切 伝 藤原行成筆
(春敬記念書道文庫蔵)
重要文化財 仮名消息 伝 藤原行成筆(春敬記念書道文庫蔵)
重要文化財
仮名消息 伝 藤原行成筆
(春敬記念書道文庫蔵)
大色紙 伝 寂蓮筆(春敬記念書道文庫蔵)
大色紙 伝 寂蓮筆
(春敬記念書道文庫蔵)
[館蔵]茶道具取合せ展 2016年12月10日[土]―2017年2月12日[日]

展示室に当館茶室「古経楼」「松寿庵」「冨士見亭」の床の間原寸模型をしつらえ、館蔵の茶道具コレクションから約70点を選び展観します(会期中一部展示替あり)。茶匠とゆかりの深い作品などを中心に道具の取合せを紹介。

芦屋真形霰地紋釜
芦屋真形霰地紋釜
重要文化財 古伊賀水指 銘 破袋
重要文化財
古伊賀水指 銘 破袋
唐物肩衝茶入 銘 安国寺
唐物肩衝茶入
銘 安国寺
唐物円座肩衝茶入 銘 利休円座
唐物円座肩衝茶入
銘 利休円座
[館蔵]中国の陶芸展 2017年2月18日[土]―3月26日[日]

漢時代から明・清時代にわたる館蔵の中国陶磁器コレクション約60点を展観。戦国時代の計量道具から、唐三彩の壺、宋時代の砧青磁、明時代の青花・五彩まで、時代順に展示し、2000年にわたる中国のやきものの歴史を展望します。

重要美術品 白釉黒花牡丹文梅瓶
重要美術品
白釉黒花牡丹文梅瓶
重要文化財 青磁鳳凰耳瓶
重要文化財
青磁鳳凰耳瓶
重要文化財 五彩透彫水注(金襴手)
重要文化財
五彩透彫水注(金襴手)
青花唐草文輪花皿
青花唐草文輪花皿
◆この計画は2016年1月に作成した予定(含仮称)です。種々の都合により変更する場合があります。
◆展覧会と展覧会の間は展示替休館となります。
◆開館時間=午前10時―午後5時(入館受付は午後4時30分まで)
◆お問い合わせ(展覧会のご案内)=ハローダイヤル03-5777-8600
◆交通=東急大井町線「上野毛駅」下車徒歩5分
◆公益財団法人 五島美術館
〒158-8510 東京都世田谷区上野毛3-9-25 TEL03-3703-0661(テープ案内)