概要

五島美術館館内

活動

展覧会

五島美術館では、展覧会を年間6〜7回、そのうち特別展を1〜2回程度開催しています。展示品は展覧会毎に替わり、春と秋に開催する名品展では、五島美術館と大東急記念文庫のコレクションから各分野の代表作品を紹介しています。特に国宝「源氏物語絵巻」は毎年春に、国宝「紫式部日記絵巻」は秋に、それぞれ1週間程度公開しています。他に、所蔵品による絵画、書跡、茶道具、陶磁器、古鏡、刀剣、文房具などを分野別に展示した展覧会を開催しています。また、特別展では最新の研究を反映して所蔵品以外の作品も紹介し、毎回特色あるテーマを企画しています。

活動

五島美術館では、美術のより深い鑑賞のために、展覧会毎に講演会やギャラリートークを随時開催しています。さらに、教育普及活動の一環として二つの「友の会」(「美の友会」・「茶の友会」)を設置しています。それぞれ一年間有効の定期入館証を発行し、陶芸教室をはじめ「美の友会」向けの月例美術講座、「茶の友会」向けの春季・秋季茶会などを開催しています。
その他、ミュージアムショップでは、展覧会カタログや名品図録、美術を身近に楽しめる絵葉書やステーショナリー、小物類などの各種ミュージアムグッズを制作販売しています。
大東急記念文庫は、特殊文庫であり、一般に向けた蔵書の公開はしておりませんが、研究者を対象として日本・東洋の古典籍を閲覧に供するほか、機関誌『かがみ』や学術書の刊行、公開講座の開講など教育・研究活動を行っています。

展示室

展示室1

展示室

展示室2

ギャラリートーク

ギャラリートーク