過去現在絵因果経断簡(益田家本) 耶舎長者出家願図
色紙帖(新古今和歌集) 本阿弥光悦筆  俵屋宗達下絵
しきしじょう(しんこきんわかしゅう) ほんあみこうえつひつ でん たわらやそうたつしたえ
紙本著色・墨書/一帖 江戸時代初期・17世紀
[本紙一紙]縦18.1cm 横16.8cm [台紙一紙]縦28.8cm 横23.0cm 五島美術館蔵
本阿弥光悦(1558〜1637)が、『新古今和歌集』36首(巻第五「秋歌下」504〜521番、巻第十「羇旅歌」954〜967番、巻第十一「恋歌」1034〜1037番)を1首ずつ書写した色紙36枚を、アルバム状に仕立てた作品。下絵は、俵屋宗達(?〜1640頃)が描いたと伝え、36枚のうち34枚が2枚1組として同主題の四季草花図を描く。金銀泥を主体に文様化した花や草木、鳥、波等の一定のパターンを用いているところから、数人の職人絵師による工房制作だろうか。