宗峰妙超墨跡 「梅溪」号
重要文化財
宗峰妙超墨跡 「梅溪」号
しゅうほうみょうちょうぼくせき 「ばいけい」ごう
紙本墨書/一幅 鎌倉時代後期・14世紀
縦33.6cm 横100.5cm 五島美術館蔵
宗峰妙超(大燈国師 1282〜1337)は、播磨(兵庫県)出身。高峰顕日(1241〜1316)や南浦紹明(1235〜1308)に師事し、京都・大徳寺を開いた。本墨跡は、「宗智道人」という女性の弟子に与えた号(本名の他に用いる名)。京都田辺の酬恩庵(しゅうおんあん/薪寺・一休寺)に伝来した。慶長二十年(1615)、大坂夏の陣を終えた前田利常(1593〜1658)が、加賀への帰途に立ち寄った酬恩庵で目にとめ、何度かの交渉後、前田家と寺が続く限り、毎年米百石(現在の約750万円)を寄進することを約束して、寺から前田家へ譲られたと伝わる。