希叟紹曇墨跡 達磨祖師賛
重要文化財
希叟紹曇墨跡 達磨祖師賛
けそうしょうどんぼくせき だるまそしさん
紙本墨書/一幅 南宋〜元時代・13世紀
縦30.4cm 横85.9cm 五島美術館蔵
希叟紹曇(?〜1249〜75?)は、無準師範(ぶじゅんしばん 1177〜1249)の法を嗣ぎ、南宋時代末期から元時代にかけて活躍した禅僧。四川省西蜀出身。本品は、 「瑛典座」(えいてんそ)なる人物に与えた禅宗の祖達磨大師の遺徳を称賛した文。行書を主に、時折草書を交えた筆線の動きに特徴をみせる。希叟の筆と確認できる遺墨は、図版を含めわずか3点であり、貴重な一幅。