史記 孝景本紀第十一 大江家国筆
国宝
史記 孝景本紀第十一 大江家国筆
しき こうけいほんぎだいじゅういち おおえのいえくにひつ
紙本墨書/一巻 平安時代・延久五年(1073)
縦29.2cm 全長259.1cm 大東急記念文庫蔵
前漢時代の大歴史家、司馬遷(しばせん)が撰述した歴史書。全百三十巻。日本へは奈良時代に伝わり、平安時代には博士家の訓点により愛読されていた。本書は延久五年に大江家国(おおえのいえくに)が書写し、訓点を付したもの。『史記』の書写年の明らかな、現存最古本のひとつとして極めて重要。僚巻として「呂后本紀(りょこうほんぎ)第九」(山口・防府毛利報公会蔵)、「孝文本紀第十」(東北大学附属図書館蔵)が現存する。