公益財団法人 五島美術館
<br />
<b>Warning</b>:  Illegal string offset 'alt' in <b>/import/home04Web1/gmus/www/pub/wp-content/themes/hestia/template-parts/content-single.php</b> on line <b>41</b><br />
h

祥瑞枡形盃

しょんずいますがたはい

磁器/一口 明時代・17世紀

高4.5cm 口径6.2×6.2cm 底径4.7×4.4cm 五島美術館蔵

「祥瑞」とは、中国明時代末期の崇禎年間(1628〜44)頃に景徳鎮民窯(けいとくちんみんよう)で焼造された染付(そめつけ)磁器。本品は祥瑞の典型ではなく、祥瑞手と呼ぶべき作品。一面ずつ文様を描き分け、コバルトの発色も良好。箱書付に「酒呑」や「角猪口」とある。「猪口」は本来、珍味などを入れる食器であり、「酒盃」という意味は、江戸時代中期以降に現れたもの。